« 新ブログをスタートさせてみた。 | トップページ | ブログタイトル »

2006.07.18

世界情勢と夫婦の関係

さてさて、前回記事のこのブログスタートにおける前置きも書いたところで・・・

早速日常日記らしい普通の記事を書いてみます(笑)

イキナリですが、ここのところ問題になっている「北朝鮮ミサイル問題」。

あのテポドンが発射された日は、我が家でももちろん大きな話題となりました。

ダンナと二人でああでもない、こうでもないと、世界情勢についてやら、日本の軍事力のこととかやら、ひとしきりお互いの考察を話しあったあと、ワタシはふっとあることを思い、突然ダンナにこうに言いました。



私:「ああ!私アナタと結婚して良かった!!」




ダンナ: 「なんで?」




私:「だって、もし、北朝鮮のミサイルが日本に飛んできて、もし、もしも戦争にでもなったら大変じゃん!


食べ物もなくなって、仕事もなくなって、病気やケガになる人も大勢いて・・・


そんな日本国民全員がみ~んな大変なことになったら、誰が健康で誰がお金持ちとか関係ないじゃん!みんな一緒じゃん!


だから、私は一番好きな人と結婚して良かったな。





とヘーゼンと言ってから、 (*゚ロ゚)ハッ!!っとした私。





それって、裏を返せば「アナタはちょっと健康に問題があって、人と同じではない。仕事も100%がむしゃらにはできないから、セレブな生活とは我が家は無縁」みたいなことを言ってしまったと同じなのかしら、嫌味に取らないかしらと。


(もちろん、そういう気で言ったつもりは毛頭ありませんでしたが)




が、そんな一瞬の私の心配をよそに、ダンナはすぐに




「かわいいこと言うなぁぁ~~」
と言って、妙に喜んだ反応を見せたんです。




予想外の反応でビックリ!!


だって、そんなに喜ぶなんて思ってもみなかったですから。




それより、なぜ私のその発言がダンナにとってカワイイと思えたのか、いまいちよく分かりません(笑)


まあ、 「一番好きな人」というフレーズに反応したのでしょう(笑)。



でも、本音です。






ダンナと結婚するまで、私は正直何度も迷いましたし、将来に対しても不安にもなりました。


治らない、人とは同じように生活できない病気、いずれ進行もしていく・・・・


そんな病気を抱えているダンナとの結婚は、何度も考えて様々な「覚悟」をした上での決断でした。




でも、もし日本が戦争にでも巻き込まれたとしたら・・・


戦争じゃなくても、今自分の住んでいる地域が天災に見舞われたとしたら・・・・


誰でも病気になったり貧乏になったりする可能性はあるわけですよね。


天変地異じゃなくたって、いつ人は事故に巻き込まれるかもしれないし、勤めている会社が倒産するかもしれないし・・・。


(ちょっとネガティブな発想ですけど・・)




そういうことのない方が人生幸せであることはもちろんなのですが、逆に言えば、人は「こうありたい」、「こういう暮らしがしたい」などなど、様々な願望があるものです。


ダンナが病気になってからは、昔持っていたありがちな「結婚への理想」を一度全て捨て、願うことは「普通に暮らせること」となった私たち。


要するに結婚前に元々ダンナはな~んにも持ってなかったわけです。


生涯バリバリ働ける強靭な肉体も、たくさんの蓄えも。




でも、 「この人と生きていきたい」と、お互いにとって大事な人を些細な条件(?)みたいなもので、間違えて選択しなくて良かった、と、心から再確認した瞬間だったんです。





なんか上手く言えませんが。







もし、戦争になったら、どこまでもダンナと一緒に逃げて、生き延びます(笑)。






・・・「生きている」ってこと自体がすごく幸せなことだから。









~~~~~~~~っと、なんかのっけから大真面目な記事になってしまった・・・・


もう少し軽いノリのことを書くつもりのブログだったんだけどな。。


しかも、私のアホらしさ丸出しの記事となりました(⌒_⌒; タラタラ

|

« 新ブログをスタートさせてみた。 | トップページ | ブログタイトル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/132083/2708501

この記事へのトラックバック一覧です: 世界情勢と夫婦の関係:

« 新ブログをスタートさせてみた。 | トップページ | ブログタイトル »